ヘルペスの症状やうつる確率について教えてください!ヘルペスの種類や症状、うつる確率について

ヘルペスがうつるのはどんな時、どんな理由でしょうか

まず、ヘルペスの種類についてですが、
大きく分けて3つあります。

1つは、単純ヘルペス一型で、口唇ヘルペスと呼ばれているものです。
2つめは、単純ヘルペス二型で、性器ヘルペス呼ばれているものです。
3つめは、帯状疱疹です。これもヘルペスウイルスの一種です。

 

ヘルペスの症状について解説

口唇ヘルペスの症状としては、最初患部がヒリヒリしてきて、赤みが出てきます。徐々に腫れて痒みも出てきます。数日以内に水ぶくれが発生して、この水ぶくれの中に大量のウイルスが存在しています。この水ぶくれが破けて感染が広がることも多いです。

 

性器ヘルペスの症状について解説

まず、性器周辺に赤みや痒みが出て、陰茎やカリの部分が腫れてきます。
場合によっては39℃以上の高熱を発症して、数日治らない可能性もあります。
患部に水ぶくれが発生してきて、口唇ヘルペスと同様に水ぶくれの中には大量のウイルスがいます。

 

帯状疱疹の症状について

体の左右どちらかの神経を通って、赤みや発疹が出てきます。一般的に体の両側に出てくることはありません。
箇所としては、おでこ等の顔面や胴体部分に発症することが多いです。体の二箇所以上に同時に出ることはあまりないと言われています。
10日くらいで一番痛む時期を迎えて、その後は徐々に収まってくるでしょう。

 

ヘルペスのうつるタイミングについて

まず、口唇ヘルペスについてですが、日常生活にあけるタオル、食器の共用、性行為、ペットボトルの回し飲みなど、直接出会ったり、ものを介して感染します。

 

性器ヘルペスについて

口唇ヘルペスを発症している人がその患部を触って、陰茎に触れたりすることで発症することもあります。あとはやはり圧倒的に多いのが性行為によるものです。

 

帯状疱疹について

加齢、ストレスによるものや免疫低下、アトピー性皮膚炎で抵抗が落ちた際に発症します。また、水疱瘡になったことない人は免疫がないためにうつることが多いでしょう。

ヘルペスのうつる確率については諸説ありますが、口唇ヘルペスについては発症確率10%と言われていますが、潜伏感染者は50%超えるのではないかとも言われています。
性器ヘルペスについては、長年の夫婦で10%程度と言われています。

ヘルペスの治し方については、完全な特効薬というのはありません。一般的には、抗ウイルス剤を用いて発症を抑えて、症状の悪化や感染を予防することが効果的と言われています。