口唇ヘルペスが再発しない方法を教えてください。できるだけ口唇ヘルペスが再発しないために、早期の治療と免疫力向上が重要

ヘルペスウイルスは、一度感染すると完全に体内から除去することができません。症状が治まってもヘルペスウイルスは、常に体内に潜伏している状態で、疲れや病気により免疫力が低下すると再発する恐れがあります。

それで口唇ヘルペスが再発した時に早期治療を受けること、また免疫力向上のため普段から良い生活習慣を心がけることが現実的な対策と言えます。

 

いつ治療を始めるか

口唇ヘルペスの再発に苦しんでいる人は、唇の周りの違和感から、もう少しでヘルペスが出てくるとわかります。ヒリヒリし、皮が引っ張られるように感じてから、半日ほどで患部が赤く腫れ上がります。この時点で治療を開始することが重要です。

皮膚科を受診して、抗ヘルペスウイルス薬を処方してもらいます。病院に行くことが難しい場合、ヘルペスの市販薬を用いることもできますが、販売されているのはクリームや軟膏といった外用薬のみです。

それに対して病院に行くと、内服薬を処方してもらえます。これにより、体内で増殖しているウィルスを内側から抑えることができます。外用薬と内服薬を同時に使うことによって、早期回復につながるだけでなく、再発防止にもなります。

 

免疫力向上のために

十分な睡眠、ストレスをためない、適度な運動など免疫力向上のためにできることはたくさんあります。しかしヘルペス防止のために、特に注目したいのは食事と紫外線です。

 

リジン・亜鉛・ビタミンCを意識した食事

バランスのとれた食事は免疫力向上の要です。特にリジン・亜鉛・ビタミンCを意識した食事をとりましょう。リジンが不足すると、体の抵抗力が落ちるため、口唇ヘルペスが発症しやすくなります。リジンは乳製品や動物性たんぱく質に多く含まれています。亜鉛も同じく、不足すると免疫力が低下し疲れやすくなります。添加物を多く含むインスタント食品は亜鉛の吸収を阻むため、食べ過ぎに注意しましょう。またビタミンCは、あらゆるウィルスを抑える効果が期待でき、ヘルペスウイルスも例外ではありません。

 

紫外線を避ける

以外に知られていないことですが、紫外線が口唇ヘルペスの引き金になることがあります。紫外線は皮膚の免疫力を低下させ、ウィルスを活発にさせます。普段から紫外線防止を心がけましょう。紫外線対策が表示されているリップクリームを使うことによって、ヘルペス再発防止につなげることができます。

確かに口唇ヘルペスを完全に防ぐことはできません。しかし、再発したときの適切な治療や免疫力を向上させることによって、できるだけ口唇ヘルペスに苦しまない生活を送れるようになるはずです。