口の周りにヘルペスが出来てしまい痛くて悩んでいますが、彼氏とデートなのでうつしてしまわないかと不安です。

口唇ヘルペスの痛みがあるとは大変ですね。
できれば、体が疲れている証拠なので、デートは休んで頂いた方が良いのですが、お答えします。
ヘルペスには口唇や顔に出やすいHSV-1型、下半身の性器に出やすいHSV-2型があります

口唇ヘルペスはHSV-1型なので、健康な皮膚であれば、皮膚の一番外側の角層によるバリア機能があるのでうつる心配はありません。
ですが極端な肌荒れがある場合や、アトピーの場合は感染する恐れが多いので接触しない方が賢明です。
一般的に呼ばれる皮膚が荒れた状態では角層が無くなり、傷ついた部分にヘルペスウイルスが侵入し、感染を拡大させることになります。

自分の口唇ヘルペスが気になるあまりに、よく触る場合であればタオルや触った物から、傷口を通し感染する恐れもあるので注意が必要です。
痛い、痒い、気になると言う点からも患部に触りがちになるのでそこは我慢が必要です。
口唇ヘルペスが発生している部分へのキスを始めとする粘膜の接触がある場合も同様に、感染のリスクが高まりますので注意が必要です。

但しすでに、お互いの接触によりヘルペスを何度か再発を起こしていた場合は、既に両者に免疫がある為、健康状態が良ければ免疫ができているとも考えられます。
ヘルペスははじめて感染した時に、かなり大きな範囲で症状を出す場合があるので、彼氏が初感染した場合を想像すると、接触は避けたほうが賢明です。

お互いの持ち物を共有しない、触った物や渡す際には出来るだけ口唇ヘルペスのウイルスが相手に付かないようにアルコール消毒するだけでもかなり効果があります。
どの程度の付き合いなのか、どのくらいの期間なのかは不明ですが、HSV-1型、HSV-2型は感染経路こそ違えど、既に多くの人が感染し保有しているウイルスです。
既に彼が両型のヘルペスウイルスを罹患している場合は、彼自身の免疫があるので大丈夫だとは思いますが、トイレの便座からでもうつると言われるヘルペスは、体が弱っている時ほど様々な姿を現すので、症状が酷い場合は治まってからデートをする方が賢明です。