口の中に口内炎のようなものが急に沢山できたのですが、これもヘルペスなのでしょうか?ただの口内炎ではありません、見落としがちな口内ヘルペス

ヘルペスは感染力が非常に強くどこにでも発症するおそれがあります。

ヘルペスの種類には、主に口の周りにできる口唇ヘルペス性器付近にできるに性器ヘルペスがあります。また、ウイルスの型は違いますが知られている有名な病気として、水疱瘡帯状疱疹など全身に発症するものもあります。
この”ヘルペス”というウイルスは大変感染力が強く、接触があるとすぐにうつってしまうことでも有名です。

 

大変危険な口の中にできたヘルペス

口内炎が急に沢山できた。しかも喉の方にまであって飲んだり食べたりするととても痛い。なんていうことがある場合。それはただの口内炎ではないかもしれません。
唇の周りや性器の周りのヘルペスは比較的ヘルペスと分かりやすいのですが、実はヘルペスはこういった口内にできてしまうこともあるのです。
ヘルペスの感染源としては、家族間での口移しや頬ずり、赤ちゃんなんかにはキスしたりして移ってしまうこともあります。
20代~30代にかけては性感染も多くなります。性病の種類としてのヘルペスを知っている方も多いのではないでしょうか。
どちらにしても、口内、特にのどにできてしまったヘルペスは放っておくと大変なことになりますので注意が必要です。

 

高熱が出たりリンパが腫れてしまう場合も

ヘルペスと気が付かずに放置してしまうと、悪化して高熱が出たりウイルスと戦うためにリンパが腫れてしまったりすることがあります。
ヘルペスは自然治癒も期待できる病気ですが、あまりに酷くなってしまうと食べることも飲み込むこともできなくなってしまい、体力が落ちる原因になります。また、最悪ヘルペス脳症といって脳に炎症が起きてしまう場合さえあるのです。とにかくいつもの口内炎と違うなと感じたら早急に病院へ行くことをおすすめします。

 

ヘルペス対策は抵抗力をつけること

ヘルペスは気が付かないうちに体の中にいることがあります。
何十年も前に感染していたのに発症せず、今になって症状がでてきたなんていう話も多く聞きます。そして、発症するのは決まって疲労が溜まって抵抗力が落ちている時や、年齢を重ね高齢になり体力が落ちてきたと感じた時です。
自分でできる対策はウイルスにできるだけ負けないように体力をつけたり、疲労を感じたときには睡眠をきちんととる事です。
それでもどうしようもなくできてしまった時には病院へ行って抗ウイルス剤を処方してもらってください。重症の場合は点滴なども施してくれます。
ヘルペスは放っておくと重症化することもある怖い病気ですが、病院へ行けば治る薬がきちんとそろっています。自力でできるだけ体力をつけるように頑張り、ダメなときには病院を頼りましょう。